生活保護について

生活保護を受けたい方

生活に困窮している理由によっては、 生活保護を受けられる場合がございます。

生活保護の家賃支給額(上限)

例)川口市に在住の方

  • 独身の方 47,700円
  • 母子家庭の方 62,000円
  • 高齢者の方(70歳以上)
    独身の方 47,700円
    夫婦の方 62,000円

生活保護受給の流れ

1. 福祉課にて面接

各市町村役場の福祉課にて面接を行います。
面接では生活に困窮している理由を確認いたします。

例)病気・破産・離婚・家庭内暴力  >> 川口市の福祉課はコチラ

2. 支給の決定

面接の結果による、支給の有無が決定いたします。
決定後に現在の手持ち金などの確認を行います。

3. 住居の検索・決定

お住まいになる物件をお探しいただきます。
物件が決定した後、不動産会社にて契約金の計算書を作成いたします。

4. 計算書を持って再度市役所へ

契約に際して、不動産会社から計算書を提出いたします。
計算書を基に、約1週間後に契約に必要な金額が支給されます。

5. 賃貸契約の締結

契約金として、家賃の5カ月分(敷金・礼金計3か月分、前家賃1か月分、手数料1か月分)が支給されます。
契約の際には、市役所の方が同伴する場合がございます。

6. 『保護変更決定通知書』の配布

賃貸契約の締結後(約1ヶ月後)に、『保護決定通知書』を配布いたします。

 

詳細は弊社までお問い合わせください。  >> 問い合わせはこちら

生活保護を受けられている方

★生活保護の方にも、親切・丁寧に対応させていただきます。
当店では、生活保護受給の方に対応した物件を多く保有しています。

①こんな問題に悩んでいませんか?

  • 生活保護者というだけで部屋が借りられない。
    生活保護者には貸さないという不動産業者も非常に多いのが現状です。
    当店では、提携している大家さんの協力を得て、『生活保護者の方』にも優先的に物件を出させていただいております。
  • 保護変更決定通知書がないため、契約ができない。
    一般的に、『保護変更決定通知書』がないと、部屋を借りることはできません。
    しかし、この『保護決定通知書』が配布されるためには、賃貸契約が必要であるため、新たに生活保護を受けられる方のほとんどの方が、部屋を借りることができないのが現状です。
    当店では、保護決定通知書が支給される前段階で契約ができるように、大家さんと協力体制をしいており、『保護変更決定通知書』がない段階でも部屋を借りることができます。

②持参いただく物

ご来店の際は、生活保護の受給証または保護変更決定通知書をお持ちの上、弊社まで起こしください。

  • 生活保護の受給証
  • 保護変更決定通知書

西川口駅前までお越しいただければ、車にてお迎えに上がります。
まずは弊社までお問い合わせください。  >> 問い合わせはこちら

保証人のいない方

★保証人のいない方でも、部屋を借りることができる場合がございます。
当店では、賃貸保証会社を使用することで、保証人のいない方でも部屋を借りることができる場合がございます。

①賃貸保証制度とは

高齢者・外国人等、保証人の確保が困難な方に対して、保証専門の会社や信販会社等が、借主の連帯保証人に近い役割を果たす制度です。
この保証制度を利用することで、保証人のいない方でも、部屋を借りること ができる場合がございます。

②保証を受けるには

緊急連絡先(携帯電話可)が必要になります。
親族でなくご友人・知人の方でも結構です。
手続きとしては、賃貸保証会社より一度だけご連絡させていただきます。
(その後、緊急事態が発生しない限り、連絡が行くことはございません。)

また、緊急連絡先の方に保証の責任などは一切かかることはございませんので、ご安心ください。

詳細は弊社までお問い合わせください。  >> 問い合わせはこちら

ページ先頭へ戻る